読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

集合住宅

蛇の道はheavyだぜ

淡路島『ナゾのパラダイス』再訪&取材編

数年前に、ナゾのパラダイスを訪れた。

しかし当時の私には内容があまりにも過激だったのと羞恥心を掻き立てられたために、あまりナゾのパラダイス自体のことをよく覚えていないことに思いついた。

ナゾのパラダイスに関する記事が書きたい、しかしあれではただの思い出話に過ぎない。もしナゾのパラダイスに興味を持って検索をかけてあれが出てきたら、本当に知りたい情報が何一つ載っておらずがっかりされてしまうだろう。実際にナゾのパラダイスに行きたい人や、ナゾのパラダイスそのものがどんな場所であるかを知りたい人にとっては何の役にも立たないではないか、と気づき

「ならば私はもう一度あの場所へ行く必要があるな。ちょうど2月25日から淡路に帰っているし、その時にでも行けばいい。」と考えたのである。

 

「ナゾのパラダイス」は洲本市由良に存在する。「由良」は淡路の中でも少し異色の地域であるように思う。淡路島の中には「淡路弁」と「由良弁」の二種類の方言がある。淡路弁は基本的にさほど関西弁と変わらないのだが由良弁は特徴的なので、ネイティブの由良弁を話している人の言葉を聞いても、私は多分得体の知れない外国語みたいに何一つ理解できないと思う。(でもあまり最近は若い人はまともに由良弁を話したりしないし、衰退している。言葉ってこうやって消えていき淘汰されるのかしら。)

 

探偵ナイトスクープ」という関西地方で人気を誇る視聴者参加型のローカル番組がある。関西圏ではとても有名な番組なのだが、関東での知名度はどうなのだろう。ご存知ですか?

その番組において何十年も前にだが、この場所は「淡路のパラダイス」であると取り上げられて話題になった。その後パラダイスシリーズと呼ばれる、秘宝館や零細遊園地など個人で行われている集客の少ない施設を面白おかしく紹介する企画がコーナー化されている。ナゾのパラダイスは番組内の「パラダイスシリーズ」の魁であり、またナイトスクープによって紹介されたことの恩恵を最も受けているパラダイスではないかと思う。


f:id:wakamesoba:20150227212009j:image

 

ナゾのパラダイスは「立川水仙郷」という淡路島にある水仙の名所の中に存在する施設である。1月から2月にかけて幾百万本の清廉な水仙が切り立った斜面を覆う絨毯のように咲いている。美しい場所である。数年ごとに入場ゲートの大きな絵は書き換えられているのか、二年前に来た時と違う絵になっていた。

施設には「淡路島 ナゾのパラダイス おしべと♡♡♡ めしべのことを まなぶところ」と大きく書かれている。おしべとめしべ・・・か。なかなかセンスあるな。

 


f:id:wakamesoba:20150227212031j:image

ちょうど今なら見頃の水仙が目の前に広がる。だからパラダイスを目的に来た人と、水仙の写真を撮るために来た人と、健全な目的の人と不健全な目的の人が同じ場所に存在している。

 


f:id:wakamesoba:20150227212126j:image

 


f:id:wakamesoba:20150227212135j:image

 


f:id:wakamesoba:20150227212219j:image

 



その場所は私営で管理されており、そのナゾのパラダイスの展示品たちもある一人のオーナーの収集品だ。よくあれだけのものをたった一人で集めたと思う。たくさんのお金と時間をかけたのだろう。性に対しての執念と狂気を感じ、から恐ろしくなる。


f:id:wakamesoba:20150227212250j:image

 

人にナゾのパラダイスについて伝えようという目的があるというのと、一人で赴いたこと、さらに私自身が性的なものに対してある程度耐性が出来てしまっているというのもあってか、二年前に来た時よりもちゃんと展示品を見ることができた。

「写真撮影をしてもいいですか」とナゾのパラダイスの管理者に聞くと、「ちょっとならいいよ」と言われた。さらに「ネットに上げることも大丈夫ですか?」と確認を取ると「ああ、みんなやってるしいいよいいよ。むしろ宣伝して頂戴」というぐらいだったので、ありがたく掲載させていただく。なんて寛容なのかと驚いた。

(ただしあまりにも直接的なものを載せるのはちょっと気が引けるので、大丈夫そうなもののみを載せてあます)


f:id:wakamesoba:20150227212904j:image


f:id:wakamesoba:20150227212923j:image

 

 

私は秘宝館そのものに関しての知識がないため、他の秘宝館と比較してナゾのパラダイスがどうであるかを説明できるか自信がないのだが、ここにおいて言えるのが

「文字による情報が多い」ことだと思う。オーナーの男や女に関しての自論が紙に手書きで何枚も書かれていて、それがあちこちに貼ってある。その内容の中には純粋に「なるほど」と思えるものもあった。

あと春画であるだとか、木製の男性器のオブジェが何個も置いてあったり、あとエロ雑誌か何かの1ページが展示されていた。時代による風化と劣化が何とも言えない哀愁と懐かしさを生んでいた。

 

管理者と少しお話する。(管理者とオーナーは同一人物ではない)

立川水仙郷のオーナーがたった一人で集めたということや、夏休みのシーズンになると大学生たちがバスを貸し切ってナゾのパラダイスを訪れることを教えてもらった。二回目三回目と何度もここを訪れるリピーターもいるようだ。

「それは・・酔狂ですね」と小声で思わず感想を漏らすと、「えっなんて言った?」と聞き返された。「いえ、なんでもないです。」と濁す。

管理者が男性器のオブジェを指差して、「よければ一緒に写真を撮って差し上げましょうか」と申し出てくれた。二年前はそんなこと、絶対できなかったなあと思いながら、「そうですね、せっかくだから・・」とお受けする。「こんな木なかなか他所であれへんもんな」「そうですね・・・こんな木、今後他所で絶対見ないと思います・・・」

 

以下の二枚が撮ってもらった写真です。なおプライバシー保護のためモザイクをかけております。


f:id:wakamesoba:20150227212449j:image

春風や 闘志いだきて 丘に立つ(意味深) 
 

f:id:wakamesoba:20150227212455j:image

 

淡路島に来ることがあれば、一度訪ねてみてはいかがでしょうか。